Everglide Tourmaline Blue Cyan V2.5 キースイッチ (トルマリン/ホワイト/5ピン/62g/リニア/5個)のレビュー

Everglide Tourmaline Blue Cyan V2.5 キースイッチ  (トルマリン/ホワイト/5ピン/62g/リニア/5個)
Everglide Tourmaline Blue Cyan V2.5 キースイッチ (トルマリン/ホワイト/5ピン/62g/リニア/5個)

現在の僕のメインスイッチです。
「初動が軽く感じる」ことの秘密は、とくにトップハウジングの構造にあると思われます。
1. 天面部が薄く、ステムに面というより線で接触する感じになっているため摩擦が非常に少ない
2. ステムの側面の接する面に、2本ずつ計8本の非常に細いレール状のモールドがあり、4面で擦れるというよりは8線で擦れるようになっている

このことで、ステムの接触面積が小さく、摩擦が極限まで抑えられています。
ファクトリールブとはいえ、個体差でシャリ感があるときがあるため、上記の8線をKritox 205 g0でルブするとさらに滑らかになりますよ。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
oookaさん

以前少量購入したものを大量買いして、全キーこのスイッチにしてみました。初動の軽さは相変わらず良く、分解してみるとステムの接触面積を減らすためか、側面の断面が深い三角になってますね。ステムもうっすらルブしてあります。材質は不明ですが、ウムピエっぽい滑りがあるような?
最初は62gが重いかと思ったのですが、ロングスプリングの後半の軽さ、初動の軽さと相まって、いわゆる黒軸よりも軽く感じます。
底打ちをしない、アクチュエーションギリで打てるようになってくると、俄然指が楽になってきました。計算してないですが、25gのchocの底打ちと、積分すると同じエネルギーくらいの感じです。軽いスイッチは結局、底打ちでデカイエネルギー損失をしてると比較して感じました。(フォースカーブ測定して面積を測れば出るかな…)
紹介動画では音を聴かせるためか、底打ちがメインのようですが、音がしないように「底打ちしない撫でうち」が出来るようになると、このスイッチの真価(初動の軽さ)が生かされると感じます。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
oookaさん

TourmalineのV1の印象が良かったので、V2.5をゲットしてみました。初動の軽い感じはかわらず、さらに直進性が増したと思います。62gの重めが気にならない親指レイヤーキーに入れてます。色が綺麗なので、見せスイッチにいいですね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
oookaさん

高水準なスイッチだと思います。
個人的に純粋な使いやすさではAlpaca v2が最高でしたが、同じくらいの満足度です。

同メーカのEverglide Aqua Kingと比べると、ヌルヌル感に全振りだったのが軽快さ重視になり、サクサクとタイプできる印象です。
Aqua Kingよりかはステムがぐらつきますが、キースイッチ全体で見ればかなり安定している方だと思います。
他にはGateron Robin 62gに近いイメージもあり、これよりも全体的に安定しつつスプリングの戻り具合をよりはっきりさせた感触です。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
deserさん

いつもTurquoise Tealiosを好きで多用していましたが、looksで即買いしました。Tealios63g に対してかなりソフトで、個人の感覚ですが打鍵圧の軽めな手ごたえがバネ変えずに丁度得られました。軸の安定性も匹敵しており押し込みも滑らかです。こちらの方が打鍵音が少し固く高い点は好みで選べそうです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
2021-8-23 購入さん